読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺーぺーSEのブログ

備忘録・メモ用サイト。

webpack + Babel 入門

webpack Babel JavaScript

webpack + Babel で ES6(ECMAScript 2015)をトランスパイルしてブラウザで動くまでをまとめる。
以降を記載する。

  • サンプルが動くまで
    • サンプルが動くまでの手順
  • 説明
    • 上記の手順の説明

サンプルが動くまで

ブラウザに「Hello World !」とポップアップが出るサンプルを作成する。

前提

$ npm -v
4.0.2

プロジェクトの作成

$ mkdir es6-sample
$ cd es6-sample
$ npm init -y
$ npm install --save-dev \
      webpack \
      babel-cli \
      babel-core \
      babel-preset-env \
      babel-preset-es2015 \
      babel-polyfill \
      babel-loader \
      webpack-dev-server
$ mkdir src; touch src/app.js
$ mkdir dist; touch dist/index.html
$ touch webpack.config.js
$ touch .babelrc

トランスパイル後のディレクトリ構造は以下のようになる。

$ tree -a -I 'node_modules'
.
├── .babelrc
├── dist
│   ├── app.bundle.js
│   ├── app.bundle.js.map
│   └── index.html
├── package.json
├── src
│   └── app.js
└── webpack.config.js

以降、各ファイルの内容を記載する。

package.json

npm run build でES6のトランスパイル、npm run start で簡易Webサーバが起動する。

.babelrc

ここでトランスパイル対象の種類を指定する。

webpack.config.js

webpackの設定ファイル。
npm run build でES6のトランスパイル、npm run start で簡易Webサーバが起動するように package.json にスクリプトを設定している。

index.html

トランスパイル後のJSコードをロードしている。

app.js

実行方法

  1. npm run build でトランスパイル
  2. npm run start で簡易Webサーバの起動
  3. http://localhost:8080/webpack-dev-server/ へブラウザでアクセス
  4. 「Hello World !」とポップアップが出れば成功

説明

Babelのインストール

npm install --save-dev babel babel-preset-es2015

babel はトランスパイラだが、これだけだとまだ何をトランスパイルするのか分からない。
babel-preset-es2015 を入れるとES6をトランスパイルできるようになる。
Babelは .babelrc というファイルがあると、その設定を読み込んでくれる。

Babel6での変更?

Babel5からBabel6で babelbabel-corebabel-cli に分割された模様。
CLIを使用しないのであれば、 babel-core だけでいい。

.babelrc

トラインスパイルする内容を指定する場合、以下のように プリセット(presets) を指定する。

{
  "presets": [es2015", "react"]
}

babel-preset-2015babel-preset-react を使用する場合は上記のように指定する。

Polyfill

$ npm install --save-dev babel-polyfill

Babelでトランスパイルすると古いブラウザでも動作する Javascript(ES5) を出力するが、古いブラウザのブラウザオブジェクトの中には標準オブジェクト(ES6で記述できるブラウザオブジェクトの扱い方)に対応していないものがある。
babel-polyfill を利用すると、古いブラウザでも動くように標準オブジェクトを拡張してくれる。
ちなみに、古いブラウザーに欠けている部分、新しいブラウザーでも足りない機能の穴を埋めることを、 ポリフィル (polyfill) という。

標準オブジェクトを拡張すると、既存の環境と互換性を失うことになるため、別ライブラリ babel-polyfill に分かれている。

babel-polyfill の他に babel-runtime というのがある。
babel-polyfill が標準オブジェクトを拡張するのに対して、 babel-runtime は標準オブジェクトの対応していない機能を、その場で別のコードにトランスパイルして解決する。
babel-polyfill を導入しているほうが多そうな肌感。

その他のBabelプラグイン

  • babel-preset-env
    • compat-tableを用いて、サポートされている環境に基づいて必要なBabelプラグインを自動で決定するライブラリ
  • babel-loader
    • webpackからbabelを使用できるようにするやつ
  • babel-preset-react
    • Reactをトランスパイルするプリセット
  • babel-preset-stage-0
    • ECMAScriptのステージを指定できる
    • ステージについては後述
  • bable-register
    • 通常のwebpackの設定ファイルは webpack.config.js というファイルだが、 webpack.config.babel.js というファイル名でES6で書けるようになる

ステージ(stage)

BabelはECMAScript2015 (ES6), ECMAScript7をECMAScript5に変換するが、ECMAScript2015 (ES6), ECMAScript7の仕様でもまだ議論中のものもある。
そこで、ECMAScriptの中でもまだ議論しきれていない仕様に関しては、stageという概念を使って安定度を示している。
初期値は2が指定されており、Draft版のものが使用できる。
基本的には初期値で問題無いが、それ以上のものを使いたい場合はリスクを加味して使用すること。
ステージは以下がある。

stage description
0 Strawman - アイデア
1 Proposal - 提案
2 Draft - ドラフト
3 Candidate- 仕様書と同じ形式
4 Finished - 策定完了

sourceMaps

トラインスパイル前後のコードをマッピングする。
デバッグなどする際、エラー箇所がトランスパイル前のコードのどこに対応するのかがわかるようになる。

webpack

webpackは、複数のファイルの依存関係を顧慮してビルドを行うツール。
設定ファイルは webpack.config.js

  • entry でトランスパイル対象を指定して、output で出力先を指定する。
  • Loaderという仕組みがあり、これでES6やReactをコンパイルできる。
  • Pluginという仕組みがあり、これでUglifyなど圧縮処理などができる。PluginはLoaderの前後で実行される。
  • WebpackDevServerという確認用簡易Webサーバがある。