読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺーぺーSEのブログ

備忘録・メモ用サイト。

MavenユーザのGradle入門

Gradle Maven

Mavenが動かなくて嫌気がさして始めてしまった。
読み方は「グレイドル」らしい。
しばらく「グラドル」だと思っていたのは秘密。(グラビアアイドルのようだ。。。)

取得
http://www.gradle.org/downloads

今回は、2.1のバイナリのみをゲット。

好きなところに展開してbin配下にパスを通す。
また、必要に応じて環境変数JAVA_OPTS(Java実行時に追加されるオプション)、GRADLE_OPTS(Gradle実行時に追加されるオプション)を設定する。

プロキシ設定は以下のファイルを[ユーザーディレクトリ]/.gradleディレクトリもしくはプロジェクトルートディレクトリに配置する。

gradle.properties

systemProp.http.proxyHost=myproxy.co.jp
systemProp.http.proxyPort=8080
systemProp.http.proxyUser=****
systemProp.http.proxyPassword=****
systemProp.https.proxyHost=myproxy.co.jp
systemProp.https.proxyPort=8080
systemProp.https.proxyUser=****
systemProp.https.proxyPassword=****

コマンドプロンプトを開いて「gradle -v」で動確。環境情報も出る。

> gradle -v

------------------------------------------------------------
Gradle 2.1
------------------------------------------------------------

Build time:   2014-09-08 10:40:39 UTC
Build number: none
Revision:     e6cf70745ac11fa943e19294d19a2c527a669a53

Groovy:       2.3.6
Ant:          Apache Ant(TM) version 1.9.3 compiled on December 23 2013
JVM:          1.8.0_20 (Oracle Corporation 25.20-b23)
OS:           Windows 7 6.1 x86

プロジェクト用のディレクトリ作成。(今回は「GradleSample」にした。)
コマンドプロンプトを開いて、作成したディレクトリまでcdして「gradle init --type [初期タイプ]」。
ここでは「gradle init --type java-library」と実行。
Mavenとほぼ同じディレクトリ構成とGradleラッパーが作成される。
GradleラッパーはGradleがインストールされていない環境でもGradleが実行できるようにするセット。
MavenでいうPOMの代わりが「build.gradle」。

■build.gradle(自動生成されたコメントは削除している)

apply plugin: 'java'

repositories {
    jcenter()
}

dependencies {
    compile 'org.slf4j:slf4j-api:1.7.5'

    testCompile 'junit:junit:4.11'
}

「mvn package」に相当するコマンドが「gradle build」。

> gradle build

:compileJava
Download https://jcenter.bintray.com/org/slf4j/slf4j-api/1.7.5/slf4j-api-1.7.5.pom
Download https://jcenter.bintray.com/org/slf4j/slf4j-parent/1.7.5/slf4j-parent-1.7.5.pom
Download https://jcenter.bintray.com/org/slf4j/slf4j-api/1.7.5/slf4j-api-1.7.5.jar
:processResources UP-TO-DATE
:classes
:jar
:assemble
:compileTestJava
Download https://jcenter.bintray.com/junit/junit/4.11/junit-4.11.pom
Download https://jcenter.bintray.com/org/hamcrest/hamcrest-core/1.3/hamcrest-core-1.3.pom
Download https://jcenter.bintray.com/org/hamcrest/hamcrest-parent/1.3/hamcrest-parent-1.3.pom
Download https://jcenter.bintray.com/junit/junit/4.11/junit-4.11.jar
Download https://jcenter.bintray.com/org/hamcrest/hamcrest-core/1.3/hamcrest-core-1.3.jar
:processTestResources UP-TO-DATE
:testClasses
:test
:check
:build

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 43.989 secs

build/libs」にjarファイルができる。
Mavenでいう「target」がGradleでいう「build」なのかな。

MavenからGradleに引っ越したい場合はpom.xmlをカレントに置いて「gradle init --type pom」と実行すると、pom.xmlと同等のbuild.gradleが作成される。

他のコマンド(gradleではタスクというらしい)は「gradle tasks」で表示。

> gradle tasks

:tasks

------------------------------------------------------------
All tasks runnable from root project - GradleSample
------------------------------------------------------------

Build tasks
-----------
assemble - Assembles the outputs of this project.
build - Assembles and tests this project.
buildDependents - Assembles and tests this project and all projects that depend on it.
buildNeeded - Assembles and tests this project and all projects it depends on.
classes - Assembles classes 'main'.
clean - Deletes the build directory.
jar - Assembles a jar archive containing the main classes.
testClasses - Assembles classes 'test'.

Build Setup tasks
-----------------
init - Initializes a new Gradle build. [incubating]
wrapper - Generates Gradle wrapper files. [incubating]

Documentation tasks
-------------------
javadoc - Generates Javadoc API documentation for the main source code.

Help tasks
----------
components - Displays the components produced by root project 'GradleSample'.
dependencies - Displays all dependencies declared in root project 'GradleSample'.
dependencyInsight - Displays the insight into a specific dependency in root project 'GradleSample'.
help - Displays a help message
projects - Displays the sub-projects of root project 'GradleSample'.
properties - Displays the properties of root project 'GradleSample'.
tasks - Displays the tasks runnable from root project 'GradleSample'.

Verification tasks
------------------
check - Runs all checks.
test - Runs the unit tests.

Other tasks
-----------
install - Installs the 'archives' artifacts into the local Maven repository.

Rules
-----
Pattern: clean<TaskName>: Cleans the output files of a task.
Pattern: build<ConfigurationName>: Assembles the artifacts of a configuration.
Pattern: upload<ConfigurationName>: Assembles and uploads the artifacts belonging to a configuration.

To see all tasks and more detail, run with --all.

BUILD SUCCESSFUL

Total time: 14.506 secs

表示されるタスクは「apply plugin」で追加しているプラグインによって変わり、今回はJavaプラグインを追加しているため、「Build tasks」「Documentation tasks」「Verification tasks」「Other tasks」がデフォルトよりも増えている。
また、独自でタスクを定義したい場合はbuild.gradleに下記のように定義し、「gradle [定義したタスク名]」で実行することができる。

task hello << {
    println 'Hello World !';
}

また、「gradle properties」コマンドはGradleおよびプロジェクトの各種設定を表示してくれて便利。


プラグインについて

MavenプラグインはGradleでは使えない。
ここでは、「Eclipse対応」と「アーカイブタイプの変更」をするプラグインを使用してみる。
apply plugin」というキーワードで「apply plugin: 'eclipse'」と「apply plugin: 'war'」をbuild.gradleに追加する。

■build.gradle

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse' // 追加行
apply plugin: 'war'     // 追加行

[compileJava, compileTestJava]*.options*.encoding = 'UTF-8' // 追加行

repositories {
    jcenter()
}

dependencies {
    compile 'org.slf4j:slf4j-api:1.7.5'

    testCompile 'junit:junit:4.11'
}

gradle eclipse」コマンドをたたくと「.classpath」と「.project」が作成されてEclipseプロジェクトになって、既存のEclipseプロジェクトとしてインポート可能になる。
gradle build」コマンドをたたくと「build/libs」にwarファイルができる。


リポジトリについて

デフォルトだと「Bintray」というソフトウェア配布サービスの「JCenter」というリポジトリを使用している。詳しくはここ
MavenCentralを使用したい場合はbuild.gradleを下記のように修正する。

■build.gradle

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'war'

repositories {
    // jcenter()   // コメントアウトした
    mavenCentral() // 追加行
}

dependencies {
    compile 'org.slf4j:slf4j-api:1.7.5'

    testCompile 'junit:junit:4.11'
}

独自のMavenリポジトリを設定したい場合は下記。

■build.gradle

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'war'

repositories {
    // jcenter()      // コメントアウトした
    // mavenCentral() // コメントアウトした
    maven {                               //
        url "http://repo.sample.jp/maven" // 追記行
    }                                     //
}

dependencies {
    compile 'org.slf4j:slf4j-api:1.7.5'

    testCompile 'junit:junit:4.11'
}


依存ライブラリ

依存ライブラリは「dependencies」に記載する。
記載する際は以下の4つのキーワードを使い分ける。

  • compile
    • プロジェクトのコードをコンパイルするのに必要な依存関係。
  • runtime
    • クラスを実行する際に必要な依存関係。デフォルトで「compile」で定義したものが含まれる。
  • testCompile
    • プロジェクトのテストコードをコンパイルするのに必要な依存関係。
  • testRuntime
    • テストを実行する際に必要な依存関係。デフォルトで「compile」、「runtime」、「testCompile」で定義したものが含まれる。

依存ライブラリの指定方法は下記のいずれか。

  • '[GroupId]:[ArtifactID]:[Version]'
    • 例)compile 'org.slf4j:slf4j-api:1.7.5'
  • group: '[GroupID]', name: '[ArtifactId]', version: '[Version]'
    • 例)compile group: 'org.slf4j', name: 'slf4j-api', version: '1.7.5'

参考:
http://gradle.monochromeroad.com/docs/index.html