読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺーぺーSEのブログ

備忘録・メモ用サイト。

VagrantとVirtualBoxで仮想環境を作ってみる。ついでにchef-soloの導入まで。

VirtualBox Vagrant Chef

タイトルの通り。

環境および構築

Windows7環境でやった。

VirtualBox

下記からVirtualBox binariesのVirtualBox platform packagesのVirtualBox 4.3.6 for Windows hostsを入手しインストール。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Vagrant

下記からVagrantを入手してインストール。(バージョンは1.4.2)
http://www.vagrantup.com/downloads.html
他にもRubyGemsやbundlerでインストールする方法もあるみたい。

仮想環境を作ってみる

■手順概要

  1. boxと呼ばれるテンプレートを用意
  2. 仮想マシンの作成
  3. 仮想マシンの起動



■手順詳細

  1. 作業ディレクトリの作成と移動
    • mkdir C:\work
    • cd C:\work
  2. 仮想マシンの追加、起動
  3. 仮想マシンに接続
  4. 仮想マシンの状態確認
  5. 仮想マシンの停止
  6. 仮想マシンの削除
困ったときは

vagrant -hを叩くとサブコマンドの一覧と説明が表示される。
vagrant [SubCommand] -hを叩くとサブコマンドの説明が表示される。
例)

> vagrant up -h
プロキシの設定

下記のようなエラーが出たらプロキシを設定してみる。

>vagrant box add CentOS56 http://yum.mnxsolutions.com/vagrant/centos_56_32.box
Downloading box from URL: http://yum.mnxsolutions.com/vagrant/centos_56_32.box
Download failed. Will try another box URL if there is one.-)
An error occurred while downloading the remote file. The error
message, if any, is reproduced below. Please fix this error and try
again.

The requested URL returned error: 401 407

環境変数を以下のように設定する。

http_proxy=http://<username>:<password>@<proxy-host>:<proxy-port>
https_proxy=http://<username>:<password>@<proxy-host>:<proxy-port>

これはVagrantプラグインをインストールするときにも必要。

ターミナルで接続する方法

例えばTeraTermとかで接続したいとき。
vagrant initした際に作成されたVagrantfileのconfig.vm.networkを下記のように設定。
コメントアウトされてるのでそれを有効にすればよい。)

config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"

これでターミナルから「192.168.33.10」でsshできる。
ユーザとパスワードは「vagrant」。rootになるにはノンパスで「sudo -s」。
これは「ホストオンリーネットワーク」といって、ホストOSからしかゲストOSへアクセスできない。
VirtualBoxでいうと「ホストオンリーアダプター」を設定していることになる。
※「:hostonly」って書き方もあるが、古いらしい。
他にも以下のようなネットーワーク設定が可能。


■ホストマシンの8080版ポートへの接続を仮想マシンの80番ポートに転送する設定

config.vm.network :forwarded_port, guest: 80, host: 8080

仮想マシンApacheとか乗っけてサーバ公開したいときとかはこの設定かな。


■デフォルトではTCPでの接続のみがフォワーディングされるが、UDPを転送可能にする設定

config.vm.network :forwarded_port, guest: 1024, host: 10240, protocol: 'udp'



仮想マシン間を接続した仮想ローカルネットワークを構築する設定(内部ネットワーク

config.vm.network :private_network, ip: "192.168.50.4", virtualbox__intnet: "network01"

上記は「network01」というローカルネットワークに接続させる設定。


■ブリッジっぽい設定

config.vm.network :public_network

これでローカルネットワークからゲストOSが見えるようになる。


VirtualBoxには全部で下記のネットワーク設定があるみたい。

    • NAT
    • NATネットワーク
    • ブリッジアダプター
    • 内部ネットワーク
    • ホストオンリーアダプター
    • 汎用ドライバー

Vagrantの設定との対応とか、必要になったら調べよっかな。。

エイリアスの設定

IPで接続するのはヤダ。名前付けたい。

> vagrant ssh-config --host [名前]

例)vagrant ssh-config --host hoge
なんかこれでやると「127.0.0.1」にエイリアスついただけで役にたたんかったwww
やり方あると思うけど、別にIP接続でいいからいーや。

ゲストOSへプロキシを設定する方法

今のままだとyumとかプロキシ環境ではゲストOSでyumとか叩いても407になる。
ChefとかPuppetとか使ってprovisionするんだったらこの設定はやっといてね。
vagrant-proxyconfというプラグイン」というプラグインでゲストOSにプロキシを設定できる。
https://github.com/tmatilai/vagrant-proxyconf
# 中身はrubyで「apt_proxy」「chef_proxy」「env_proxy」「yum_proxy」を変更するようにprovisionしてるだけっぽい。

  1. vagrant-proxyconfのインストール
  2. Vagrantfileの編集
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"
Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  # 省略〜
  # 以下を追加
  if Vagrant.has_plugin?("vagrant-proxyconf")
    config.proxy.http     = "http://<username>:<password>@<proxy-host>:<proxy-port>"
    config.proxy.https    = "https://<username>:<password>@<proxy-host>:<proxy-port>"
    config.proxy.no_proxy = "localhost,127.0.0.1"
  end
end

sshで入ってから「yum upgrade」でも叩いてネットワーク繋がってることを確認する。

その他Vagrantfileの書き方はここを参照。

chef-solo, knife-soloの導入

■chef-solo
下記からchef-client-11.8.2-1.windows.msiを入手しインストール。(chef-soloも入る)
http://www.getchef.com/chef/install/
以下のパスを通す。

C:\opscode\chef\bin
C:\opscode\chef\embedded\bin

knife configureする。これをしないとknifeコマンド使えない。

> knife configure
WARNING: No knife configuration file found
Where should I put the config file? [C:/Users/[ユーザ名]/.chef/knife.rb]
Please enter the chef server URL: [https://[マシン名]:443]
Please enter an existing username or clientname for the API: [ユーザ名]
Please enter the validation clientname: [chef-validator]
Please enter the location of the validation key: [/etc/chef-server/chef-validator.pem]
Please enter the path to a chef repository (or leave blank):
*****

You must place your client key in:
  C:/Users/[ユーザ名]/.chef/[ユーザ名].pem
Before running commands with Knife!

*****

You must place your validation key in:
  C:/etc/chef-server/chef-validator.pem
Before generating instance data with Knife!

*****
Configuration file written to C:/Users/[ユーザ名]/.chef/knife.rb

とりあえず全部えんたー。


■knife-solo

> gem install knife-solo

下記のコマンドを実行するとカレントディレクトリの「chef-repo」ディレクトリ配下にChefに必要な設定ファイル群のひな形が生成される。

> knife solo init chef-repo

Vagrantfileがあるディレクトリをカレントにして実行する(とよい?)。

VagrantVirtualBox、Chefの連携

vagrant-omnibus

仮想マシンに自動的にChef環境をインストールするVagrantプラグイン
以下のコマンドでインストール。

vagrant plugin install vagrant-omnibus

インストール後、Vagrantfileに下記の設定を追加する。

# config.omnibus.chef_version = "<インストールするChefのバージョン番号>"
config.omnibus.chef_version = "11.8.2"
# 「config.omnibus.chef_version = :latest」とすると最新バージョンになる。


chef-soloを利用したプロビジョニングの設定

Vagrantfileに下記の設定を追加する。

config.vm.provision :chef_solo do |chef|
  chef.cookbooks_path = "chef-repo/cookbooks"
  chef.roles_path = "chef-repo/roles"
  chef.data_bags_path = "chef-repo/data_bags"
  # 他にもいろいろ設定できる
end

ディレクトリやパス名はVagrantfileからの相対パス
他にも以下のような設定がある。(全部じゃないよ)

項目名 説明
chef.add_recipe 実行するレシピ名
chef.cookbooks_path クックブックが格納されているディレクトリ
chef.data_bags_path Data Bagが格納されているディレクトリ
chef.encrypted_data_bag_secret_key_path 暗号化Data Bagを利用する場合に使用する秘密鍵のパス名
chef.run_list 実行するクックブックのリスト


とりあえずApacheインストールしてみる。

Vagrantfileがあるディレクトリで下記を実行してCookbookのひな形を作成する

knife cookbook create httpd -o chef-repo/cookbooks

ファイルを以下のように編集する。


■chef-repo/cookbooks/httpd/recipes/default.rb

# apacheのインストール CentOSの場合
package "httpd" do
    action :install
end
 
# apacheの起動 CentOSの場合
service "httpd" do
    action [:start, :enable]
end
 
template "/var/www/html/index.html" do
    source "index.html.erb"
    mode 0644
end

上記はyumhttpdがインストール・起動されて、/var/www/html/配下にindex.html.erbを元にしたindex.htmlが配置される設定。
次に下記のファイルを作成・編集する。


■chef-repo/cookbooks/httpd/default/index.html.erb

Chef httpd test.

「.erb」はRubyのテンプレートファイルの拡張子
VagrantfileのChef設定部分を下記のように記述して作成したrecipeをVagrantに登録する。

config.vm.provision :chef_solo do |chef|
  chef.cookbooks_path = "chef-repo/cookbooks"
  chef.roles_path = "chef-repo/roles"
  chef.data_bags_path = "chef-repo/data_bags"
  # ↓追記した行
  chef.run_list = ["httpd"]
end

ここで、「vagrant up」している状態で「vagrant provision」するとApacheがインストール・起動される。

> vagrant provision
DL is deprecated, please use Fiddle
[default] Skipping Apt proxy config as the machine does not support it
[default] Configuring proxy for Chef provisioners...
[default] Configuring proxy environment variables...
[default] Configuring proxy for Yum...
[default] Chef 11.8.2 Omnibus package is already installed.
[default] Running provisioner: chef_solo...
Generating chef JSON and uploading...
Running chef-solo...
[2014-03-27T07:45:35+00:00] INFO: Forking chef instance to converge...
[2014-03-27T07:45:35+00:00] INFO: *** Chef 11.8.2 ***
[2014-03-27T07:45:35+00:00] INFO: Chef-client pid: 7554
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Setting the run_list to ["recipe[httpd]"] from JSON
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Run List is [recipe[httpd]]
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Run List expands to [httpd]
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Starting Chef Run for localhost
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Running start handlers
[2014-03-27T07:45:38+00:00] INFO: Start handlers complete.
[2014-03-27T07:46:04+00:00] INFO: service[httpd] started
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: service[httpd] enabled
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: template[/var/www/html/index.html] created file /var/www/html/index.html
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: template[/var/www/html/index.html] updated file contents /var/www/html/index.html
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: template[/var/www/html/index.html] mode changed to 644
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: Chef Run complete in 28.502398838 seconds
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: Running report handlers
[2014-03-27T07:46:06+00:00] INFO: Report handlers complete
[2014-03-27T07:45:35+00:00] INFO: Forking chef instance to converge...

ブラウザで「http://192.168.33.10/index.html」にアクセスして「Chef httpd test.」と表示されれば成功。
表示されない場合はiptablesSELinuxではじかれてる可能性があるので下記を実行してからやってみる。

$ /etc/rc.d/init.d/iptables stop
$ chkconfig iptables off
$ chkconfig --list iptables 
iptables        0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
$ setenforce 0

recipeに下記のように書いておいてもいいかな。

service "iptables" do
    action [:stop, :disable]
end

ここまでで紹介した内容はホストマシン(ローカルマシン)においたCookbookでゲストマシン(仮想マシン)をConfigurationする方法。
この方法の他に

  • ゲストマシンからchef-solo
    • ゲストマシンへCookbookを転送して、ゲストマシンにログインしてchef-soloを叩く
  • ゲストマシンからchef
    • 別途chef-serverを構築して、そこにおいたCookbookにゲストマシンからアクセスする方法

がある。
個人のローカルマシンで遊ぶ分にはVagrant経由でやるほうが楽かな。

Berkshelf

Cookbook作るのめんどいよね。
Berkshelfってのを使えば作成済みのCookbook取得できるっぽい。
自作のCookbookじゃなくてBerkshelfでApacheインストールしようと思うので一旦Apacheをアンインストール。
下記のファイルを更新してvagrant provision

■chef-repo/cookbooks/httpd/recipes/default.rb

package "httpd" do
    action :remove
end

各種インストール。

■Berkshelfのインストール

> gem install berkshelf

■Berkshelfプラグインのインストール

> vagrant plugin install vagrant-berkshelf

Vagrantfileと同じ位置にBerksfileを下記のように作成。

■Berksfile

site :opscode

cookbook "apache2"

■Vagrantfileの更新

# 〜省略〜
# ↓追記した行
config.berkshelf.enabled = true
config.vm.provision :chef_solo do |chef|
  # 〜省略〜
  # ↓変更した行
  chef.run_list = ["apache2"]
end
# 〜省略〜

berksコマンドを使用してBerksfileに定義したCookbookををopscodeから取得する。
準備されているCookbookは以下にある。
https://github.com/opscode-cookbooks/
http://community.opscode.com/cookbooks

berks --path=chef-repo/cookbooks

※念のため、カレントディレクトリをVagrantfileおよびBerksfileと同じ位置で実行してね。

って実行したけどプロキシ環境だったから怒られた。。。
本当だったら「chef-repo/cookbooks」配下に「apache2」ができてvagrant provisionすればおしまいのはず。

berksのプロキシ設定がわからなかったので別の方法で。
ブツ自体はGithubにあるみたいなのでgit cloneした。
gitについてはここを参照して。

git clone https://github.com/opscode-cookbooks/apache2 chef-repo/cookbooks/apache2

Vagrantfileの「config.berkshelf.enabled = true」行とBerksfileファイルを削除。
その後、vagrant provisionすればよい。
の予定だったが、やっぱりダメだった。
原因はCookbookが足りないこと。
今回はiptablesとlogrotateとpacmanのCookbookが足りなかったので下記コマンドで追加。

git clone https://github.com/opscode-cookbooks/apache2 chef-repo/cookbooks/apache2
git clone https://github.com/stevendanna/logrotate chef-repo/cookbooks/logrotate
git clone https://github.com/jesseadams/pacman chef-repo/cookbooks/pacman

そして、Vagrantfileのrun_listにも上記追加。

chef.run_list = ["apache2", "iptables", "logrotate", "pacman"]

これでいけるか!?と思ったがpacmanのrecipeがバグってて動かず。。。
pacmanのrecipe全部コメントアウトしてやったけどやっぱりダメだった。(状況は変わったけど。。。
pacmanってなんだよ。
cookbookは自分で書いたほうがよいのかな。めんどいけど。


参考:http://vboxmania.net/
http://qiita.com/taiki45/items/b46a2f32248720ec2bae
http://qiita.com/Kentrow@github/items/b5a7dc8819a2e0e0f603

仮想環境構築ツールVagrant」で開発環境を仮想マシン上に自動作成す
http://knowledge.sakura.ad.jp/tech/1552/

ChefでCookbookを作成するときのちょっとしたコツ 9選
http://heartbeats.jp/hbblog/2013/01/chef-cookbook-tips.html